こんにちは 社長の福間です。

例年に比べ梅雨入りも梅雨明けも早かったのに、その後天候が不順でなかなかすっきりすることが少ないですね。

 

そうした中ですが、今年も9月1日に紅ズワイガニ漁が解禁になりました。地元紙の日本海新聞さんの記事によると、カニの水揚げ日本一の境漁港(境港市)で7日、約41トンを初水揚げし、初水揚げ量としては記録に残る平成22年以降で最高となったとのこと。

 

kiji35_1

 

カニと言えば、境港の松葉カニ、福井の越前カニが有名ですが、松葉カニも越前カニもズワイガニで、今回解禁になった紅ズワイガニも同じ仲間とのこと。身のつまりが少なく水っぽいことや色が赤いことから紅ズワイガニとして区別されているようです。

 

松葉カニに比べお求めやすい価格ですし、何よりも口に入れた時に鼻から抜けるカニならではの香り、風味は松葉に勝るとも劣らないものと個人的には思います。

 

コロナ感染が全国的に広がる中、昔のような観光客による賑わいは未だ見られませんが、県内はもとより県外の方も通販などをご利用戴き、山陰ならでは味覚のひとつを是非お楽しみ戴けたらと思います。

 

さて、話は替わりますが、鳥取ダイハツ宮長店は、この度、「鳥取県新型コロナ安心対策認証店」として鳥取県に認証戴きました。

 

kiji35_2

 

まだまだ感染が収まらない中、お客様に少しでも安心してご来店戴けるには、公の第三者機関に認めて戴くことが必要と考え、遅ればせながら申請した次第です。

 

申請に当たり当社では、7つの店舗の中から宮長店をモデル店とし、これまでに実施してきた対策を鳥取県が定める数々のガイドラインに沿って詳細を確認し、必要に応じ追加で織り込んで参りました。

 

残る6店舗につきましても順次申請して参りますが、宮長店に対して実施した追加対策は、同時に全店舗に横展開しておりますので、お客様にはどのお店にも安心してご来店戴けるものと思います。

 

それでは、また。