こんにちは 社長の福間です。

だんだんと秋も深まってきた秋晴れの日、鳥取北の八東地区の取引店様をお訪ねしました。
鳥取市から国道29号を北へ走ると、道路の両側がオレンジ色に包まれていきます。
沢山の柿を栽培されている果樹園です。

 

 

 


 
紅葉で色づいた山々の麓に広がる鈴生りの柿は圧巻ですが、とても心落ち着く日本の故郷の原風景を感じます。



さて、この11月、ダイハツの主力商品のひとつである、ハイゼットが誕生して60年を迎えます。

ハイゼットの源流は、昭和32年(1957年)に世に出た『ミゼット』です。
それは今から63年前、私ごとで恐縮ですが、私がこの世に生を受けた同じ年のこと。


 
昭和の高度成長期を背景にした映画『三丁目の夕日』やNHKの朝ドラ『てるてる家族』に登場した小さな三輪トラック。
私が小さかった頃、雑貨屋さんや電器屋さんがパタパタと軽快な音をたてながら街中を走っていたなつかしい光景が目に浮かびます。

時代が3輪自動車から4輪自動車へと変わる中、ミゼットの後をうけ1960年の11月に誕生したのが『ハイゼット』です。



ダイハツ初の軽四輪自動車(360cc)で、当時の軽自動車のイメージを刷新する斬新なデザインでした。
翌年の1961年にはボンネットバンタイプも登場しました。



あれから60年。
様々な業種や農家の皆さんにご愛顧賜り、日本全国、津々浦々を走り回り、お客様の日常生活に寄り添って参りました。
その後、幾多のモデルチェンジを重ね、今やスマアシ(ダイハツ予防安全機能)も搭載した安心・安全なクルマに進化しております。

60年の感謝を込め、来る11月21・22・23日の3日間、『ハイゼットシリーズ60周年記念フェア』を開催致します。

是非、お近くのダイハツのお店にお立ち寄り下さいませ。




では、また・・・・